競馬生活



八ツ場ダム湖面橋の建設継続=住民の意向に配慮−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は18日、中止を表明した八ツ場ダム(群馬県長野原町)の生活再建事業の一環である「湖面1号橋」の工事を継続する考えを明らかにした。建設を求める地元住民の意向に配慮したもので、省内で記者団に語った。
 国交省が先月、地元住民に行った橋の建設に関する意向調査では、建設を求める意見が多数を占めたという。一方、ダム本体工事については「中止の方針はまったく変化がない」と強調した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

有事の核持ち込み、排除せず=岡田外相「時の政権が判断」(時事通信)
<センバツ>開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
春のお彼岸、お墓参りはいつ行く?(産経新聞)
死刑ゼロ 首相の意向無視を認めた法相(産経新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
[PR]
by m28cdboolv | 2010-03-24 04:52
<< ラッコの赤ちゃん死亡 一般公開... 子ども手当法案可決へ、衆院厚労... >>


2010年競馬収支
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧