競馬生活



日本海側大雪、ほぼ峠越える=山沿いは引き続き注意−気象庁(時事通信)

 気象庁は6日夕、北海道や本州日本海側の大雪は峠を越えつつあると発表した。しかし、発達した低気圧が北海道の南東海上にあり、冬型の気圧配置のため、7日にかけても山沿いを中心に雪が続く見込み。同庁は雪崩や突風、高波などに注意を呼び掛けた。
 7日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北陸が80センチ、北海道のオホーツク海側が70センチ、近畿北部が60センチ、群馬、長野、岐阜各県と東北の日本海側が50センチ、山陰が40センチ。
 北海道と東北では、7日にかけて波の高さが6〜7メートルの大しけが続く。 

【関連ニュース】
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
北海道と日本海側、大荒れ続く=低気圧停滞、交通に影響
北・東日本は大荒れに=年末年始の天気予報
20日も日本海側は大雪=峠越えたが注意を
日本海側中心に大雪警戒を=鉄道や航空に影響

Honeyghanのブログ
草食系男子の逆襲
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
無料携帯ホームページ
[PR]
by m28cdboolv | 2010-01-09 13:48
<< 【科学】官民研究チーム ハイテ... 「在日米軍に強い支持」外相会談... >>


2010年競馬収支
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧