競馬生活



残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定(読売新聞)

 日本マクドナルド(東京)に勤務していた長男(当時25歳)が急性心機能不全で死亡したのは過重な業務が原因として、母親が、遺族補償給付などを支給しない処分を取り消すよう国に求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。

 渡辺弘裁判長は、「業務の過重な負担により病気を発症し死亡した」と述べて労災を認定し、不支給処分を取り消した。

 判決によると、長男は1999年4月に同社に入社し、2000年6月から、川崎市内の店舗に勤務。同年11月7日正午から翌8日午前5時半まで働いた後、正午に再び出勤したが間もなく倒れ、死亡した。

 判決は、「同社の業務形態は深夜勤務を含む不規則なもので、正社員はサービス残業が常態化していた」と指摘。病気を発症するまでの6か月間で、自宅でのパソコン作業も含め時間外労働が80時間を超えた月が相当あったと認定した。

<女性殺害>72歳朝の散歩帰り 空き地で雪に埋まり 札幌(毎日新聞)
<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
通学途中の小2女児、サルにかまれけが(読売新聞)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
小沢氏 聴取23日に 「4時間程度」地検が伝達(毎日新聞)
[PR]
by m28cdboolv | 2010-01-24 21:45
<< <私立中学校>愛知県内で入試始... 市有地神社「違憲」、氏神様など... >>


2010年競馬収支
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧